荷物の詰め込み方を工夫しよう!

新入学や就職に転勤によって新たな生活をスタートする中で多くの人は引越を行うことになります。家族で引越を行う場合には、冷蔵庫、家具、食器などの全ての家財道具を運び出すことになります。

hand0 (33)

この場合は引越し業者に見積もりを依頼する時に家財道具を運搬するのに必要なトラックの大きさを決めることになります。家族構成にも影響されますが、通常の場合は2tから5tトラックでの搬送になります。トラックの大きさによって掛かる費用が大きく異なるので注意が必要です。

 

 

また、各引越し業者による梱包サービスを利用するかどうかによっても大きく費用が異なります。一方で、単身赴任や独身車の引越の場合はそれ程家財道具が多く無い場合が殆どなので、各引越業者は単身用の引越サービスを用意しています。この単身引越サービスはトラックを1台チャーターして荷物を運ぶのではなく、特殊なコンテナを利用して一定量の荷物を一定の定価で運ぶというサービスです。

 

このサービスの特徴は約1.5から2立方メートルのコンテナに入るだけの荷物を全て一定の価格で運搬してもらえるので、どれだけ詰め込めるかが重要となります。この引越しを単身で行う際の裏ワザの一つは、荷物の詰め込み方に有ります。まず、冷蔵庫やテレビなどの大きくて重い家財道具をコンテナに入れ、その後にコンテナに残った隙間に本や折りたたみ家具などを隙間無く詰め込みます。さらに、残った隙間には布団や枕など、変形しても問題ない荷物を詰め込み、可能な限り隙間のない状態にします。

 

 

もう一つの引越しを単身で行う際の裏ワザは、タンスや冷蔵庫など、家具の中に隙間のある荷物についてはその隙間に小さな荷物を詰め込むことにより、最大限に荷物を運ぶことができます。このように引越しを単身で行う際の裏ワザを利用して、お得に引越し費用を抑えるのが賢い方法です。

準備・手続き