引越し業者の料金はどのようにして決まるのか

引っ越しの料金を決める要素には大きく分けて、

引っ越し先までの距離
引っ越しの荷物の量
引っ越しを行う時期

の3つがあります。

te (46)

引っ越しの距離は長ければその距離に応じて引っ越し料金も高くなります。全国に支店を持つ大手の引っ越し業者であれば、県をまたいだ長距離の引っ越しであっても、運送の途中で該当の県の支店のトラックに積み替えるといったことができるため、引っ越しの距離に単純に比例するのではなく、エリアによって料金を定めているケースも多いようです。

引っ越しの荷物の量に関しても、単純に荷物の量に比例して料金が増えるというわけではなく、引っ越しの荷物を積み込めるだけの大きさのトラックを用意し、そのトラックの大きさによって料金が決まるシステムです。トラック1台を専有するのが一般的に(チャーター便などと呼ばれる)普通の引越しですが、トラックに荷物をたの人と相乗りする形となる「混載便」の場合はその分、安くなります。

 

 

この荷物量に関しては個人個人の工夫次第で業者の費用を抑えることができる部分でもあります。使わない家具や家電といった嵩張るものはあらかじめ処分しておきましょう。洋服類も以外に荷物になるものですからリサイクルショップなどで処分するのも考えてください。書籍やCD、DVDなども不要であると感じるなら思い切って中古本屋などに売りましょう。

 

 

そうすることによっていくばくかの小銭も入りますし、何より引越し費用を抑えることができます。また不要品を思い切って捨てることによって新居でスッキリとした新生活を迎えることができるメリットがあります。

 
引っ越し業者が最も忙しくなる時期は、春の就職や進学などで環境が変わることに伴う引っ越しが増える時期です。引っ越し業者が「忙しいから料金を上げる」というわけではないので、この時期の料金が引っ越し業者の基本の料金といえるでしょう。

 

 

6月などの引っ越しをする客が少ない時期には、格安のキャンペーンなどを行って利用者の獲得に励みます。時期をある程度選べる引っ越しなら、こうしたキャンペーンが行われる時期を狙うと良いでしょう。暇な時期は通常料金よりも割安に設定されていますし、何よりも臨時アルバイトを大量に雇用する繁忙期に比べれば圧倒的に作業の質の高い正社員の率が高まりますので、それはそのまま満足度にもつながります。

実際にどのくらいの価格なのか?それを調べる方法があります!

引っ越し予定日にどの業者が安い? 一括見積もりで比べましょう!

費用のこと