海外への引越し代はどうなるのか?

国内での引越しは引越し費用も色々なパターンがあり、荷物の梱包や荷解きを引越し業者が行うかどうか、どこまでを自分でやりどこまでを引越し業者に任せるかなどの選択の余地があります。引越し業者に関しても引越しをする人の選び放題というのが現状です。ところが海外への引越しとなるとそのようなわけにはいかなくなります。

 

q1320

まず、海外への引越しを扱っている業者のほとんどが大手のみであまり選択の余地はありません。見積もりを各社から取ることは当たり前に必要なことですが、値切りの交渉などはほとんど通用しないと考えておいたほうがよさそうです。そうなってくると、引越し費用を抑えるには荷物の量を極力抑えるということになるでしょうか。大きいものは現地で調達をするとはっきり決めてかかったほうが賢い選択です。

 

 

また、荷物の梱包についても基本はすべて引越し業者にお任せでしかできないようです。これは目的地に荷物が到着するのに国内の引越しのようにスムーズに行くわけでなく何箇所も経由したり何人もの人の手を経由してくるからです。そのために破損防止とか盗難防止の意味も含まれているようです。こと海外への引越しは一般的に誰でもが何度も経験するようなものでありません。

 

 

当然、引越しの知識はもとより、現地の情報についても疎いのが当たり前です。海外への引越しに関しては引越し業者のほうが多くの知識や経験を積んでいますので基本的には任せるくらいのスタンスで引越し費用もある程度の覚悟をしておかなくてはいけないようです。

費用のこと